【にゃんこ大戦争】~猿帝のクウ~評価と使い方

こんにちは。

昨年は風邪を引かずにいたサウスです。

正直、身体は強い方ではないので風邪にならなかったのはありがたかったです。

ですが今年もまだ寒い日が続きますので皆さんも気をつけて過ごしましょう!

今回はにゃんこ大戦争の超激レア「猿帝のクウ」について評価と使い方を考察していきます。

サルっ娘も意外とかわいい。

猿帝のクウ

猿帝のクウ 第一形態(LV30時)

体力:23800

攻撃力:39780

射程:380

特性:赤い敵と黒い敵に対してめっぽう強い(攻撃力1.5倍/被ダメージ0.5倍※お宝無し)

猿帝のクウγ 第二形態(LV30時)

体力:39100

攻撃力:62900

射程:380

特性:赤い敵と黒い敵に対してめっぽう強い(攻撃力1.5倍/被ダメージ0.5倍※お宝無し)

金猿帝のクウγ 第三形態(LV30時)

体力:73100

攻撃力:79900

射程:410

特性:赤い敵と黒い敵に対してめっぽう強い(攻撃力1.5倍/被ダメージ0.5倍※お宝無し)

攻撃力低下の妨害を無効

評価と使い方

「ギャラクシーギャルズ」シリーズの超激レアの一体。

シリーズ共通の特徴として各属性に対して超ダメージを与えるキャラが揃っていますが猿帝のクウはそれとは異なる性能を所持しています。

きんとうんらしきものに乗っていたり、如意棒らしき武器をもっていますのでモチーフは孫悟空ですね。

まずはステータスから。

その特性からガチンコを想定されているはずなので第一形態から体力、攻撃力ともに水準以上の数値です。

序盤で入手できた場合は敵属性をそんなに気にしなくてもきちんと活躍してくれると思います。

また第二形態にすると一気に攻撃力がアップ、第三形態にすると体力が一気にアップするので進化するたびに単純に強化されていきます。

殴り合いで使用することが多いと思いますので可能であれば運用する際には是非第三形態まで進化させましょう。

おまけ程度ですが第三形態では攻撃力低下無効の能力と射程も若干アップします。

射程アップについてはメリット、デメリットあるので評価が難しいところです。

後方に下がれるので単純に自身の場持ちが良くなるのですが、キャラ自体の使用方法としては前線で後方を守る役目も担ってもらいたいところ。

特に第三形態の進化では体力もアップしたので壁よりの使い方も期待したいところですが後ろに下がってしまったことで他の後方アタッカーと同じくらいに位置してしまいます。

第三形態の場合はそのあたりも考慮して運用していきましょう。

使い方としては序盤であれば後方アタッカーの使用をオススメします。

赤い敵と黒い敵に対してであればめっぽう強い能力から第三形態において体力、攻撃力ともに10万超え!

単体で凸らせてもある程度なんとかできちゃう高ステータスです。

逆に難易度の高いステージでは壁としての運用をオススメします。

純粋に壁キャラと比較するとやや劣りますがその分自身の攻撃でカバー可能です。

当然ですが第三形態で運用する場合は射程が少なくとも410以上の後方アタッカーを準備しましょう。

個人的な評価としては序盤ではどこにいれても活躍できる良キャラだと思います。

特に2属性に対応できる点はキャラ数の少ない序盤では非常に助かります!

ただ後半の高難易度において壁としてもアタッカーとしてもより尖ったキャラが必要になってくる機会が増えてくると思います。

十分な活躍はできますが上位版を入手したらそちらに変えても良いかと思います。

みなさんも2属性に活用可能で壁もアタッカーもこなせるクウで攻略を楽しんでいきましょう!

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする