【アイスボーン】ライトボウガンソロでアルバトリオン討伐する手引き【実践編】

前回に引き続きアルバトリオンをライトボウガンで揃討伐するための方法を考察していく。

今回は討伐までの流れを見ていく。

【アイスボーン】ライトボウガンソロでアルバトリオン討伐する手引き【準備編】

アイスボーンしながら放置

放置少女〜百花繚乱の萌姫たち〜

放置少女〜百花繚乱の萌姫たち〜
開発元:C4
無料
posted withアプリーチ
放置して装備強化、放置してステータス強化、長く続けるほど強くなる!
無課金でも月2で大量元宝獲得イベントで最強キャラを獲得可能。
とりあえずDLしておいて放置おすすめ。

素材集めだけなら

いきなりだが実際のところ素材が欲しいだけなら前回の記事のような入念な準備は必要ない。

それでもある程度は戦う必要があるので全くの無手というわけにはいかないものの間に合わせの装備などだけでも十分可能な範囲である。

ちなみにそれぞれの素材を集めている間に立ち回りがわかるようになってくるのでいきなり討伐に立ち向かうのではなく是非この素材集めをステップとしていってもらいたい。

▽角

アルバと言えば角が代名詞であるほど昔は乱獲されていた記憶がある。

当時ほど角の必要性は下がったが変わらず剥ぎ取りなどでは入手できない専用素材である。

【準備】

徹甲榴弾が撃てるライトを回避装填できるようにしておく。

睡眠も是非打ちたいのでムフェトの覚醒水ライトなどがおすすめ。

スキルは回避や火力が盛れていて余裕があれば破壊王も。

【方法】

序盤はとにかく頭めがけて徹甲を打ち込むだけ。

初回は簡単にダウンするのでその時にも徹甲を打ち込む。

角はいずれにしろ龍属性状態でないと破壊できないのでかなりセーフティに立ち回って問題ない。

龍属性に移行したら睡眠弾に切り替えて寝かせて頭に爆弾+起爆弾を埋めてから起爆。

ここで破壊できなかった場合もあとほんの少しなので数発頭に徹甲を打ち込んで破壊する。

▽翼

そこそこ固いので角よりも時間がかかることが多いがいつでも破壊可能かつ弾の当たる範囲が広いためやりやすい。

実際の立ち回りにも多いに役立つ経験になってくれるはず。

【準備】

角破壊と同様に徹甲ライトがおすすめ。

睡眠爆破やスキル構成も同等なので角破壊後に余裕があれば同時に狙える。

【方法】

こちらも同じく翼に向かって徹甲を撃ちまくるのみ。

属性も関係ないのでこちらは開始直後に寝かせて翼へ爆弾+起爆弾で最初から一気にダメージを稼げる。

ただ翼破壊時にはひるむだけなのでモーションを見逃さないように。

破壊後は翼がボロボロになっているのでそれで判断するのもあり。

▽尻尾

ライトで行くなら鬼門。

お手軽さだけなら太刀や大剣を担いで切りまくるほうがやりやすいと思う。

【準備】

斬裂弾を撃てるライトを回避装填できるようにしておく。

ダメージを稼ぐために高火力のブラキライトやナナライトなどがおすすめ。

スキルはこれまで同様回避、攻撃と今回は破壊王も優先して付けたいところ。

尻尾切断までは数十発もの斬裂弾を当てなくてはならない。

【方法】

尻尾に向けて斬裂弾を撃ちまくるのみ。

属性は関係ないので常に尻尾に張り付いていればよい。

ちなみにここまでの立ち回りはオトモのスキルを「まもりの大楯」にしておくとターゲットがオトモもしくはカカシに向くため狙いをつけやすい。

▽天鱗、天殻、凶爪、龍神玉

他の素材はこれまでと異なる方法で入手を目指していく。

入手確率は低いが玉も手に入るのでこれらをこなすだけでも全装備が作成可能。

ちなみに玉は角破壊からも入手が可能となっている。

【準備】

オトモに「ぶんどり刀」を装備させておくことが必須。

そのため大楯でターゲット分散しづらいのでとにかく生き残れる装備を整えること。

オトモが攻撃しやすいように麻痺弾などが撃てるとなおよい。

【方法】

開始からオトモにぶんどりを指示して逃げ回るだけ。

余裕があれば麻痺にしてあげるとオトモが喜ぶ。

死んでしまってキャンプに戻れた場合は隠れ身の装衣を装着してから向かうとアルバトリオンに発見されずにぶんどり指示が可能なのでぜひ試しておこう。

また時間で回復するぶんどり指示はキャンプでオトモの武器を一度別のものに代えてから再度ぶんどり刀を装備させることですぐに回復するという小ネタもあるのでこちらもおすすめ。

討伐に向かう前にこれらの素材集めを行っておくことで立ち回りも覚えやすく玉さえ手に入ればアルドミナの作成が可能になるので第一段階としてアルバライト作成を目標にするとステップアップしやすい。

それでは準備はここまででついに討伐に向かおう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PAGE TOP